筑波大学菅平高原実験センター
センターの概要 菅平高原の自然と生物  樹木園  研究活動  教育活動  施設利用  リンク
English / スタッフ紹介 / サイトマップ
 日本山岳アカデミア(旧:中部山岳地域大学間連携事業)
 2010〜2014年度に、気候変動が中部山岳地域の自然と人間に与える影響およびその適応策の解明を目指す、 文科省特別研究教育経費「地球環境再生プログラム」が行われました。これを推進していたのが、中部山岳地域に研究フィールドを有する 筑波大学・信州大学・岐阜大学からなる中部山岳地域大学間連携(略称JALPS)で、当センターも主要拠点の一つとしてこの事業を 牽引しました。
  そこに静岡大学・富山大学・山梨大学等が参加し、中部山岳地域を日本海から太平洋まで縦断できるフィールド網に 発展しました。これを受けて2013年度に、組織の名称を日本山岳アカデミア(JALPSの略称は引き続き使用)に改め、山岳科学についての 研究と教育を行う全国的な組織への発展を目指しています。
中部山岳地域大学間連携事業の詳細


 山岳科学共同学位プログラム
  日本山岳アカデミアが母体となって行う新しい教育事業に、山岳科学共同学位プログラムが あります。日本は山国であり、水・森林・生物などの多くの資源は山岳域に由来しています。防減災の要となるのも山岳域です。 気候変動、生物多様性、防減災などの環境問題を解決していくためには、麓から頂までの山岳環境を持続的・統合的に管理することが 急務です。そこで、筑波大学・信州大学・静岡大学・富山大学・山梨大学をはじめ関連機関等が山岳科学についての修士号を大学間の 共同で授与する、山岳科学共同学位プログラムの準備に入っています。詳細


 教育関係共同利用拠点に認定されました
  当センターは、「ナチュラルヒストリーに根ざした森と草原の生物多様性教育拠点」として、文部科学大臣より「教育関係共同利用拠点」に認定されました。詳細



 ニュース
 
2016.7.23
国際シンポジウムで発表を行います詳細新着
 
2016.7.1
「一家に1枚科学ポスター」の最新刊が出ました詳細新着

2016.7.4
外国人招聘研究者の来菅とSPring-8で昆虫形態の解析詳細新着

2016.6.28
『信州森フェス2016』が開催されました詳細

2016.6.16
日本産直翅類図鑑が刊行される詳細

2016.6.2
自然観察会「緑の木々と草原を散策しましょう」を開催します詳細

2016.5.27
農林技術センター演習林部門と交流会を開催しました詳細

2016.5.22
国際植物の日イベント「高原の植物観察〜森と草原から学ぶ歴史と多様性〜」開催詳細

2016.5.9
瀬戸健介さんが日本菌学会関東支部第三回勝本賞を受賞詳細

2016.4.28
小粥隆弘さんが笹川科学研究奨励賞を受賞詳細
 

過去のニュースはこちら

 研究活動紹介新着






















 お知らせ
筑波大学菅平高原実験センター


週刊上田アーカイブ
更新しました!!詳細

イベント情報

菅平生き物通信
47号を公開しました。詳細

樹木園 新着
平日の9時から17時まで
どなたでも見学できます。
 
筑波大学のホームページへ
筑波大学
筑波大学生命環境系のホームページへ 
生命環境系
筑波大学菅平高原実験センターのお問い合わせ先へ 
菅平高原実験センター

お問い合わせ先
〒386-2204 長野県上田市菅平高原 1278-294
TEL 0268-74-2002  FAX 0268-74-2016